つけ麺は好きですか?

つけ麺は好きですか?

つけ麺の始まり

 

新小岩『一燈』

 

東池袋『東池袋 大勝軒 本店』

 

吉祥寺『つけ麺 えん寺』

 

野方『無鉄砲つけ麺 無極』

新宿『風雲児』

大久保『はやし家』

西日暮里『つけめんTETSU 千駄木本店』

銀座『朧月』

新宿三丁目『二丁目つけめんGACHI』

つけ麺は好きですか?

新小岩『一燈』

ここを忘れてはいけない

つけ麺が発祥したのが東京だというのでしたら、もう東京の店舗に構えているつけ麺店について紹介しないで何を話せというのだろうか。徒然と醤油ラーメンの美学や、味噌ラーメンの真骨頂とは一体何なのかという果てのないことを延々と述べろというのだろうか。正直な話、私は自分がおいしいと思ったものであればそこまでプライドを持って研究を重ねて重ねていくようなことはしないので、ラーメン好きだからといってもそんな大げさなことはしていませんが、やはり都内のおいしいラーメン店というものがあるなら興味が沸きます。一度は必ず行ってみたいような老舗ばかりとなっているので、じゃんじゃん紹介して行きましょう。

まず始めに紹介するのは、新小岩にある『一燈』について話をしていきましょう。こちらはイーストサイド東京の中でも指折りのつけ麺店として有名なのです。もう来店しているから当然知っています、という人もいるでしょう。ラーメン、特につけ麺に対して並々ならない情熱を持っている人々からすればまずはずすことのできないお店となっています。ではまず簡単にお店についてから説明していきましょう。

店舗は新小岩駅から歩いて5分ほど離れた、平和橋通りから1本入ったところにあります。知る人ぞ知る人気店ということで常にお昼時になれば行列でごった返しています。単純に店内が満席になっているということもありますが、その他の原因としては店内に用意されている座席の数にも起因しているところがあります。元々こじんまりしているところでオープンしたこともあって、店内はなんとわずか11席しか用意していないというコンパクトな店内となっています。最近の集客力をメインにしたラーメン店と比べたら、こだわり感を味わえる人気店らしい店内模様ということでなんとなく良いなぁと思います。それに見合った分だけの地名とそして人を呼び込むだけのブランドを既に確立していますから、今後味が落ちるといったことがなければある意味では不動の地位にいるといっても過言ではないでしょう。

席を増設すれば良いだけではないのか、と思いますが個人的にはこのまま営業を続けて言って欲しいところであります。よくあるんですよね、初めは地元密着型の飲食店なんて肩書きで始めてから人気が沸騰して、その後調子に乗って店舗拡大に乗り出した、と大船に乗って経営を延ばしていくのは良いのですがそれで大体味が落ちるという傾向があります。大変申し上げないのですが、それでほとんどお店の味としては以前と変わりすぎて正直受け付けられない、ということでお店に来店しなくなったということをしたことがあります。小さいお店だからこそ、味とこだわりを持って提供できるものもあるので、そういうことを考えても店内の増設やチェーン店化するというのはして欲しくないですね。

人気店で今後もさらに客層は伸びるとは思いますが、今後もそんな変わらないお店で、変わらない味を保ち続けて欲しいところです。

ラーメン・イケメン・僕つけめん

「高層集合住宅」の意味では賃貸・分譲を問わず「アパートメント」が一般的?!「アパート」「マンション」「一戸建て」不動産売却 春日部がご希望をうかがいます。

メニューも定番

そんな一燈の気になるメニューですが、基本はつけ麺とラーメンの二つを主軸に展開しています。そしてそこからさらにスープの味として濃厚系にするか端麗系にするかを選択することが出来ます。悩みどころですね、こればかりはどちらが良いとは言えないところが辛いところではありますが、悩みに悩みたいという人は直接来店して味を食べ比べてみると良いでしょうね。

どちらも選べないという優柔不断なアナタはA型決定です、という方に店主からお勧めするのが『濃厚魚介つけ麺』という商品が一番お勧めということです。悩みに悩んで自分の答えを選択することの出来ない人にとってはこういった道しるべとなるでしょう。でも個人的にいいたいのは一番初め、来店したときには選択されるがままに食べておいしいと感じれば良いですが、本当においしいから食べてみてという風に進められて、口にしてみると実は個人的な味覚には会わなかったという体験ありませんか。

そういう失敗を経験してしまうとどうしても次は同じ轍を踏まないとして身構えてしまいます。それにスープを選択することができるという事は、味の好みがはっきり分かれるということになります。みんながみんな定番商品を食べて納得するということもありません。むしろそこで個性というものを発揮して自分だけのオリジナリティ溢れる食べ方というものを発揮するべきではないのだろうかとも思いながら、自分なりにこちらの店舗で食べるつけ麺、もしくはラーメンの食べ方を模索してみるというのも楽しみ方の一つとして考えても良いのではないでしょうか。

近所のつけ麺屋をさがせ!

お店の情報

ではそんな一燈の臣船も所在地と住所・電話番号といった詳細情報を紹介して行きましょう。

まぁ営業内容に関しては特に突っ込みどころがあるわけではありませんが、一つだけ注意しなくてはいけないことがあります。それはスープと麺が完売してしまった場合には自動的に閉店となります。こればっかりはしょうがないですが、なるべくならそんなことは回避して店舗へと訪れたいですが、リアルタイムでの情報を得るということになると電話で連絡するか否かということになってしまう。ラーメン店でスープの在庫があるかどうかの連絡というのも中々ないと思いますが、近隣から来ているのではなく少しはなれたところからわざわざラーメンを食べに来ているという人であるなら絶対に食べて帰りたいと思うところです。ぜひとも一度来店してみて、人気ラーメン店の味を堪能してみてください。

絶品つけ麺
目的は、皆さんが住まいづくりを通して幸せになること。それが叶うのは、「環境デザイン住宅」!注文住宅 横浜住宅産業の都合で知らずと・・・与えられてしまうのではなく、建て主側の専門家とその思いをしっかり確認して造る事を大切にしています。